日本酒(製造)業界※では、7月1日を初日とし翌6月30日までを「酒造年度」という呼び名で期間区分します。英名ではBrewery Year(ブリュワリーイヤー。略称BY)と呼び、最近では、その表記が日本酒のラベルやボトルに記載されたり、酒販店のPOPや飲食店のメニューでも見られるようになってきました。
※.日本酒業界以外にも、焼酎乙類、みりん、果実酒の業界でもこの区分が使用されています。

日本酒のラベルのBY表示

現在、市場に出回る日本酒の大半が「25BY」と記載されていると思いますが、これは平成25年7月1日から平成26年6月30日の間に造られた日本酒であることを指しています。

この制度、製造者が国税庁に生成数量を見込み申告する都合で決められたもので、原料米の割り当てを計画するために昭和40酒造年度から始まりました(元々は明治29(1896)年の「酒造税法(現在の酒税法)」に遡り、酒税収入の基本となる酒類の製造数量を把握することが目的であるとされています)。

期間区分は他にも「暦年(CY=Calendar Year。1月1日~同年12月31日)」、「会計年度(FY=Fiscal Year。4月1日~翌年3月31日)」、「米穀年度(RY=Rice Year。11月1日~翌年10月31日)」などが存在しますが、日本酒製造のほとんどが10~11月頃から始まるので、暦年や会計年度を基準にすると製造途中で年度が変わり税務検査上不便であることからも酒造年度が採用されてきたのです(よって、日本酒メーカーでは圧倒的に6月決算が多い)。

上記のような理由により「酒造年度」が定められた訳ですが、これまでほとんどラベル等に記載されてこなかったのは他の理由も存在します。

まず日本酒は出来上がってから1年以内に飲みきるのが慣習だったので年度表示の必要性が少なかったことがひとつ、次に1年近くたった日本酒に新酒をブレンドしたり、出来たばかりの新酒に古酒をブレンドしたりして、一年を通して香味がブレないように調整することがあり、この場合「酒造年度(BY)」表記が出来なったことがふたつ、さらに日本酒業界では、ワインでいう「ヴィンテージ(生産年度)」や「熟成」の概念が低く、「新酒」、「しぼりたて」のような新しい物が良いという認識が消費者間で強く、「酒造年度(BY)」を表記することで古い日本酒(又は価値の低い日本酒)と捉えられるのを嫌ったことなどが理由として挙げられましょう。

しかし、近年の日本酒人気の影響から新たなスペックとして「酒造年度(BY)」に注目する飲食店や酒販店が増えてきたことや、「ヴィンテージ」、「熟成」を重視した日本酒造りに取り組む蔵元が増えてきたことなどから、「酒造年度(BY)」という新たな価値感が創造されつつあるのです。

但し、税務署は検定をする時期で「酒造年度(BY)」を判断するので、例えば26BYと表記されていても、実際には平成26年7月以前に造られた日本酒ということもありえるので、その点は留意頂きたいと思います。

また、7月1日を日本酒の元旦と捉え、「あけおめ!」ならぬ「サケおめ!」をキャッチコピーとしたイベントなども開催されていますので、現在動向のひとつとしてチェックしてみて下さい。

サケおめ実行委員会Facebookサイト
<参考文献>月桂冠株式会社Webサイト