最近ではお目にかけられなくなりましたが、新酒の出来る初冬のころには、どの酒屋でも杉の葉を切り束ねて球状にした「酒林」が店先につり下げられました。これは「新酒が出来ました」の合図で近頃では酒販店の装飾品として使われることもある様です。

この「酒林」をつるすならわしは、酒の異名「掃愁箒(うれえをはらうほうき)」からきているという一説があります。愁いを払う箒とは、すがすがしい気分にさせてくれるもので、いい香りのする杉の葉で作った酒箒がそれに相当するというわけです。また酒神を祀っている奈良の三輪神社のご神体が杉の木であるということから、掌酒(さかびと)が神の力を借りて一夜のうちに美酒を醸したという故事も残されており、昔、三輪の旨い酒がある酒屋では、杉の葉を店先に下げて人々に知らせたことが始まりという説もあります。