7時半集合でいざ蔵へ


奈良県生駒市の「山鶴」中本酒造店での蔵人体験2日目に、4名で参加させていただきました。軍団の皆様と初対面の私でしたが、気さくに声をかけてくださりホット一安心。
最寄駅の白庭台駅まで「山鶴」の製造部長の森さんが車で迎えにきてくれて蔵元へ向いました。
閑静な住宅地の中に「山鶴」と丸くかたどった大きな木の看板が目に飛び込んできます。
重厚な建物に感動しつつ蔵の中へ。

新製品「あらごしにごり酒」についてじっくり解説してくださる森製造部長


1日たっぷりと貴重な体験の数々
午前の工程は “麹作り” “酒粕はがし” “分析”。
蒸したてのお米を2人1組で室まで運び、なんと!!もやしを振らせてもらいました。
初めて見るもやし。最初は緑色なんですね。床もみも初体験。結構重労働で腰が痛い…。

酒粕も1枚1枚板に張り付いてるのをはがし、それを切り分けていく。
ちょっといびつになってごめんなさい。袋詰めしにくかったと思います。

息を合わせて酒粕はがし

分析は日本酒度、酸度、アミノ酸度、アルコール度の計測を杜氏さんに教えて頂きました。
酸度、アミノ酸度は試験管にお酒を入れさらに試薬を数滴たらし測ります。その数滴が難しく入れ過ぎて何度もやり直し…。液温を15°Cにするのも大変でした。日本酒度、アルコール度はそれぞれ浮秤をシリンダーに入れて。これらの数値で発酵の進み具合がわかるそうです。

浮ひょうの目盛を読むのも大変

午後の工程は、 “分析の続き” “櫂入れ” “切り返し”
櫂入れは20回ずつかき混ぜ、目の前でプチプチ泡立つ醪を見れてまたまた感激!!
夕方に朝に床もみした麹を切り返す作業をしました。おいしいお酒になれ~と念じながら…。
早く飲みたいな!!

櫂入れ20回ダイエット!

ヤヱガキ式上槽機

醪チェック後のクリーニングについて教えてくださっている西澤杜氏


感謝の気持ちでいっぱい
朝から夜までお忙しい時期にお邪魔し大変お世話になりました。
豪華なお弁当に3時のおやつ。たくさんの試飲。どれも美味しかったです。
社長さんのお話もっと聞きたかった。西澤杜氏、森さん、おかみさん、従業員の方々、優しく接してくださりありがとうございました。貴重な体験はとても勉強になりました。
またこのような機会を作ってくださった軍団の築山さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
皆様ほんとうにありがとうございました。

今回の蔵人体験及び女きき酒師軍団について、山鶴さんのブログでも紹介していただいています。

山鶴HP 
http://www1.kcn.ne.jp/~yozaemon/
山鶴さんのブログその1 http://yamaturu.jugem.jp/?day=20111107
山鶴さんのブログその2 http://yamaturu.jugem.jp/?day=20111108

レポート:浅野君枝