近年、「夏酒」などと呼ばれる商品が数多く市場に投入されています。また、夏ならではの新しい飲み方提案も増えてきました。今回は夏季における日本酒の需要喚起の現状について解説します。

夏場の日本酒消費量低下に歯止めをかけるため、昔から様々な訴求(工夫)が行われてきましたが、近年「夏酒※1」などと題した、今までにないコンセプトをもった商品が投入されたり、新しい飲み方提案が行われたり、夏ならではのイベントが数多く開催されたりと、夏場における日本酒訴求が活発化しています。
※1「夏酒」は2007年頃から使われ出したフレーズですが、現在の日本酒人気の中でよく使われるようになってきました

まず、灘、伏見、伊丹の蔵元11社で構成する「日本酒がうまい!推進委員会」では、夏の日本酒ロックを味の素のほんだしを用いた冷やし料理とのコラボレーションを展開しています。浴衣の女性を起用し、「和」のテイストを基調とした涼やかなイメージでの訴求を行っています。さらに、7月には「日本酒ロックフェスティバル」と題したイベントを大阪で開催。若者層を狙った様々な企画が練り込まれています。

「日本酒がうまい!推進委員会」webサイトトップページ
「日本酒がうまい!推進委員会」Webサイト 日本酒ロック提案例
「日本酒がうまい!推進委員会」Webサイト 日本酒ロックフェスティバル

次に、日本酒造組合中央会が行う「日本酒クールスタイル」も、昨年で3回目を迎えました。主に小売店、飲食店従事者を対象としたセミナーを開催したり、Webサイトからカクテルレシピを無料でダウンロードできるサービスを行ったりと、手軽にできるカクテルレシピを提供しています。

「日本酒造組合中央会」Webサイト 日本酒クールスタイル
次に「一年52週の生活提案で年間を通しお客様づくりを」をコンセプトとした日本名門酒会では、「2014年夏の生酒」を大々的に展開。また「はせがわ酒店」でも「夏の日本酒」として、約90件以上の商品を揃えています。

「日本名門酒会」Webサイト 2014年夏の生酒
「はせがわ酒店」Webサイト 夏の日本酒
さらに、酒販店や飲食店においても「夏酒」をテーマとしたメニュー展開、フェア開催が目立つようになってきました。

「枡新酒店」Webサイト 夏においしいお酒
「田島屋酒店」Webサイト 夏酒特集
日本酒スローフードのお店「方舟 新橋店」Webサイト
個室和食接待「銀座ぼくじん」Webサイト(ぐるなびより)

次に、グルメ情報誌として人気の高い「dancyu7月号」でも「夏の日本酒について」が特集されており、人気蔵元が勧める夏のカクテルレシピや、夏ならではの飲み方が10ページ以上にわたり掲載されています。

この特集の中では、蔵元や酒販店から「夏酒」に関する様々なキーワードが挙げられており、「Alc度数15%前後の原酒」、「特徴のある酸味をもつもの」、「1杯目から飲めるスパークリングタイプ」、「低アルコールタイプ」、「ただ軽いだけでなく、インパクトのある酒質」、「生原酒のロックやソーダ割り」など、現在の商品動向が伺えます。

dancyu(プレジデント社)Webサイト

暑い夏は「スッキリ」「サッパリ」した「冷たい」飲み物(酒類)が生理的に求められるため、日本酒は売りにくい、または淡麗な日本酒しか売れないと言われてきましたが、季節問わず日本酒人気が高まっていることから、これまでの常識に捉われず、新たな発想を持って夏の需要喚起に取り組むべきでしょう。

さらに夏は「明るく」「楽しく」「陽気」で「面白い」ものがウケますので、斬新なラベルデザイン、ボトルカラーの日本酒を用いて視覚的効果を狙ったり、斬新な飲み方やカクテルを提案し「ワクワク感」を高めたりして、「夏の日本酒も美味しい(面白い)!」と感じてくれる新たなファンを獲得したいと考えます。