帝国データバンク特別企画、長寿企業の実態調査(2013年)によると、創業100年以上の長寿企業は全国に約2万6,000社存在し、そのうち日本酒(清酒)製造業が707社と最も多く、日本酒(清酒)蔵元が日本で一番の老舗企業であることが明らかになっています。

また、以下グラフに示す業種別構成比をみると、1位日本酒(清酒)製造業(707社)、3位酒小売(596社)、7位酒類卸(408社)とランクインしており、遥か昔より日本酒(清酒)の需要が高かったことが伺えます。

以下に抜粋した老舗蔵元の創業年と社会情勢を記します。

創業年/蔵元名/社会情勢


1141年/須藤本家(茨城県)/平安時代後期。平清盛が太政大臣になったのが1167年。
1487年/飛良泉本舗(秋田県)/室町時代後期。応仁の乱(1467~77年)
1505年/剣菱酒造(兵庫県)
1532年/山路酒造(滋賀県)/戦国時代。鉄砲伝来が1543年
1548年/吉乃川(新潟県)/戦国時代。フランシスコ・ザビエル来日が1549年
1550年/小西酒造(兵庫県)/戦国時代。川中島の戦いが1553~1564年
1603年/司牡丹酒造(高知県)/江戸時代。徳川家康が征夷大将軍となったのが1603年
1637年/月桂冠(京都府)/江戸時代。島原の乱が1637~1638年
日本酒(清酒)製造、小売、卸業が、我が国を代表する伝統産業であることを、国内外問わず現代の消費者に伝えていきたいと考えます。

<参考資料>
・特別企画:長寿企業の実態調査2013年 (株式会社帝国データバンク) 2013年9月2日
・きた産業メルマガニュースvol.178 (きた産業株式会社) 2013年3月25日
・図解日本史 (成美堂出版) 2008年1月20日第13刷