日本酒は日本料理では調味料としても用いられます。その主な効果は、材料の臭みを消す、旨みを加えて風味をよくする、材料を柔らかくする、などがあります。そのため、とくに魚介類や肉類の調理には欠かせない調味料の一つとされています。

また、和え物や酢の物など、酒を加えた後は加熱しない料理など、アルコールは邪魔ですが酒の風味だけを生かす場合には、酒を鍋などに入れて火にかけ、アルコール分を飛ばしてから用いたりします。