日本の県別で甲類、本格焼酎の消費数量を50%で区切った時の陣取り合戦図です。年代とともに本格焼酎消費数量50%以上の県が西から広がっていくのが分かります。焼酎といえば本格焼酎と思われがちですが中部地方以東は甲類焼酎市場となっています。

1980年
黒く塗りつぶした都道府県は焼酎消費量の内、甲類焼酎の消費が本格焼酎を上回っていることを表しています。逆にグレーの都道府県は焼酎消費量の内、本格焼酎が、甲類焼酎の消費を上回っていることを表しています。

1990年
焼酎消費量の内訳で本格> 甲類の都道府県が西から広がっていくのが分かります。
2008年
日本が二分されているのが分かります。
緑=甲類の消費数量が50%以上の都道府県
橙=本格焼酎の消費数量が50%以上の都道府県